直感的な創造性を高める練習方法

いつもと同じ考え方をしていてもなかなか良いアイデアは出てこないものです。今回は直感的な創造性を高める練習法について紹介していきます。たまには息抜きがてらやってみてはいかがでしょうか

<目次>
創造性を高める:ドルドール
創造性を高める:5分間日記
創造性を高める:記事を塗りつぶす
創造性を発揮するためのTips

創造性を高める:ドルードル

あまりきいたことのない手法かと思いますが、やり方はとてもシンプルで

STEP1:紙にシンプルな図形を書いてください。シンプルな色を塗ってみてもよいです(今回は〇に赤色を塗ったとします)
STEP2:その紙を見て考え付くものをいろいろ挙げてください
(日本の国旗、赤い円柱を上からみた図etc)

途中であきらめずに10個は出せるように努力してください。創造性のみならず集中力の向上にもつながります。

ちなみにコンサル希望の方向けの情報になりますが、似たような問題をBCGの1次面接で実施されることがありますのでその練習にもなります。

創造性を高める:5分間日記

日記といえばその日起こったことを書いていくのが普通ですが、紹介する手法はちょっと異なります

STEP1:朝、または夜に5分間で思いついたアイディアを書き留めてください。仕事に関係しないアイディアでもいいです。誰にも見せる必要がないので別にイケてないアイディアであってもかまいません

5分間日記のメリットはアイディアのイメージを言語化し書き留めることで、ふわっとしていたアイディアを構造化することができ、また再度見直すことができるので後にアイディアを客観的に評価することができます

ちなみに推奨する時間は朝起きてすぐです。一番創造性が高い時間と言われているので良いアイディアが思いつく可能性もあり、トレーニングを合わせて一挙両得です

創造性を高める:記事を塗りつぶす

これもシンプルな手法で、一度やって見えるとなかなか面白いのでおすすめです

STEP1:新聞などの記事と黒いマーカーを準備します。電子媒体でも黒く塗りつぶせればOKです
STEP2:一度記事を読みます
STEP3:その記事から新たな記事を創造できるように、いらない言葉を塗りつぶしていきます

最終的に出来上がった記事がまとまりなく抽象的なものになっていても構いません。そもそも記事を塗りつぶしているのでまとまった文章を作成するのは困難かと思います

これの目的は作業に集中しながら、創造性を発揮することにあります。途中でやめたくなる気持ちもわかりますがやりきりましょう。

創造性を発揮するためのTips

最後に私が実践している創造性を高めるためのTipsを紹介します。主に仮説をたてる際に実施しることが多いです

1.立って作業する

あるあるですが、資料作成などの作業は座っていますが考える作業をする際は常に立って作業しています。立つことで血流が改善し創造性が高まるそうです。そもそも座っている時間が長いと大腸がんのリスクが激増するそうなので健康面でもオススメです

2.散歩する

これも血流改善に役立ちます。オフィス内でもいいかと思いますが、もしオフィスの外に自然(街路樹や池など)があるのであればそこまで足をのばすことをオススメします。自然をみるだけでリラックス効果が得られますので息抜きにはベストです

少し変わった手法を紹介しましたが、簡単な手法ばかりです
皆がやってないからこそ差をつけるために実践してみてはどうでしょうか。

最後にオススメの本を紹介します。

CREATIVE SCHOOLS?創造性が育つ世界最先端の教育 (TOYOKAN BOOKS)

新品価格
¥2,640から
(2020/5/13 14:10時点)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です