経営コンサルタントになるには【事前準備】

経営コンサルタントになるために(最低限)どのようなステップを踏んでいけばよいのか、経験を踏まえて記載していきたいと思います。

ただ「経営コンサルタントになるため」であって、「入社後に経営コンサルタントとして活躍するため」ではないので注意してください。

 

■志望動機を明確にする

「なぜ転職(退職)するのか」「なぜ経営コンサルタントなのか」について明確にすることが第1ステップになります。その理由と明確にするためのTipsを記載していきたいと思います。

 ●志望動機を明確にする理由

1番重要な理由は、「あとで自分で振り返ることができるから」。よっぽどコンサルと相性が良い方や天才を除いて、面接を受けていくを落ち込んだり、へこまされたりといったプロセスを踏むと思います。そのとき自分で列挙した志望理由が支えになります。

そのほかの理由としては、のちのステップで紹介する「志望動機書」の作成におけるInputになるのであとで少し楽。いずれにせよ「志望動機書」はあとで作成するのでたいした理由にはなりませんね

 ●志望動機を明確にするためのTips

思いついたもの全部書き出してください。「志望動機にするには弱いなぁ」とか「ちょっとかっこ悪い理由だな」とか取捨選択はいりません。まずは全部書き出してください。

「いまの上司が嫌いだ」とか「転勤が決まったが転勤先がいまいち」とか「給料がいまいち」とか「コンサルになったらモテそう」とか。だれかにみせるわけではないですし、優先順位とか取捨選択はのちにすればいいのです。まずはすべての志望理由候補を視覚化すること。このときあなたにとって重要な理由が出てこなかった場合、もう一度「経営コンサルタントになりたいか」ではなく「経営コンサルタントになるべきか」についてきちんと考える必要があると思います。

コンサル特有の志望動機の書き方はこちら

 

■コンサル専用の転職サイトに登録する

自己流で転職に成功される方もいらっしゃいますが、コンサル専用の転職サイトを利用することが一番の近道です。以下の転職サイトに登録するメリットを記載していくので参考にしてください。

 ●生の情報が得られる

転職だけに限りませんが、生の情報は大きな価値があります。現役のコンサルタントとコネがある方は別として、なかなか生の情報を得ることは難しいのではないでしょうか。そういった意味では、転職サイトの担当者は日ごろからコンサルティングファームをやりとりをしていますし、独自のコネから情報を得ることができます。

 ●「志望動機書」と「経歴書」の添削をしてもらえる

ほかの事業会社も同様かもしれませんが、コンサルティングファームに提出する「志望動機書」と「経歴書」は最低限ロジカルである必要があります。

そのような文章の作成に慣れていない方にとっては添削してくれる人がいるというのは大きなメリットといえるでしょう。

コンサル特有の経歴書の書き方はこちら

 ●面接のスケジュール調整を練ってくれる

普段の仕事で忙しい中、転職をする人が多数かと思います。その中であなたの業務都合やコンサルティングファームの優先順位を鑑みたスケジュールをできる限り調整してもらえます。普段の業務に加えて、書類作成や面接対策に追われるので少しでも負荷を軽減してもらえるのは大変ありがたいことです。

 ●面接の練習

コンサルティングファームでは他業種では見られない「ケース」と呼ばれる面接があります。このケース対策において、「プロに」「対面で」「何度も」練習してもらえるのは上達の近道をいえます。

 ●過去問

もちろんスキルの向上は必須なのですが、過去問を事前に解けることは安心につながると思います。まあ安心するだけで「対策」につながるかは微妙ですが。理由についてはケース対策について記事にする際に記載します。

 以上、経営コンサルの中途面接を受けようと考え始めた方への導入編でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です