経営コンサルになって初めて聞いた用語

元々生粋の理系かつプラントエンジニアであった私が経営コンサルになって初めて聞いた、いわゆる業界用語を紹介したいと思います。

■会議系
●インターナル
内部ミーティングのこと。社外(クライアント)とのミーティングが多いため、区別していると考えられる。ちなみにクライアントとのミーティングはエクスターナルとはいわない。

●インビテーション
招待。Outlookで会議の予定を送ることを指しています。職業柄マネージャー以上はとても忙しく予定はすべてOutlookに書いてあります。マネージャー以上の予定が抑えられたらソッコー送るのが礼儀。

 ●アグリー
意味はそのままで、賛成。「それについてはアグリーです」という使い方をする。なぜか無駄にルー大柴英語。

■プロジェクト関係
●アサイン
コンサルタント職はマネージャー以上とってきた仕事をこなします(これをデリバリーといいます)。プロジェクト要員として任命されることをアサインをいいます。

●アベイラブル
プロジェクトにアサインされていない状態。マネージャー以上の提案活動を手伝うか、暇している。プロジェクトとプロジェクトの合間になりやすいが、優秀な人はすぐに次のプロジェクトにアサインされるため、アベイラブルが長い人は。。。

■タスク
●Nice to have
やっておかなくてはならない、やっておくべきタスクではなく、やっていったとしたらexcellentだね。みたいなニュアンス。

■比較
●As-Is To-Be
As-Isは「今の姿」、To-Beは「今後の姿」。使われ方としてはAs-Isは「課題がある今の姿」、To-Beは「課題が解決されたあるべき姿」で資料作成することが多い。

●Pros Cons
これは一般的に使っている方も多いかも。Prosがメリット、Consがデメリット。

■その他
 ●Tips
ちょっとしたテクニック。コツ。

いかがでしたか?
経理とか総務などの本社勤務であった方にはなじみのある言葉があるかもしれませんが、
おそらくエンジニアや研究者にはなじみがないははず!
入社してびっくりしないように十分に予習していってください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です